マンションの1階は売りにくい?メリットを活用して売却するコツをご紹介

マンションの1階は売りにくい?メリットを活用して売却するコツをご紹介

マンションの1階をお持ちの方は、売却が難しいという話を聞いたことがあるかもしれません。
この記事では、マンションの1階が売りにくい理由をご紹介します。
住んだ方だけが知るメリットの再確認と、売却するコツもお伝えしますので、売却への不安を感じる方は読んでみてください。

\お気軽にご相談ください!/

マンションの1階!売却が難しい理由とは?

マンションの1階は、上の階と比較して日照時間が短くなりやすく、日当たりも良くないため、人気がありません。
近くに高い建物がある場合は、さらに日当たりが悪くなります。
携帯電話の通信環境が悪くなることも多く、室内での通話やインターネットに接続できないなどの悪影響をおよぼしかねません。
そのうえ、玄関やベランダなどから侵入しやすいなど、セキュリティ面で安心できないことも売却する際には多くの方が下層階を嫌う理由です。
通行人から室内が見える可能性が高く、玄関を出入りするときも気が抜けません。
大雨や台風の高潮などが発生すると、低い地域の物件では浸水被害に遭遇する危険性も高まります。

▼この記事も読まれています
【必見】不動産を売却するときに消費税が課税されるケースとは?

\お気軽にご相談ください!/

マンションの1階の売却!住むとわかるメリットを再確認

1階の住戸は、ゴミの収集場所やエントランスへの移動距離が短く、火災や自然災害が発生したときは、すぐに避難できます。
また、外部の音が聞こえてくると思いがちですが、騒音のトラブルが少ないのもメリットです。
上層階は、遠くの音が聞こえますが、下層階はそれほど遠くの音は聞こえません。
下の階から生活音への苦情を受けることもなく、子どもや赤ちゃんの機嫌が悪いときは、すぐに外へ連れ出せることもトラブル回避に役立ちます。
この他、物件によっては、ベランダの代わりに専用庭になっていることもあり、ガーデニングや家庭菜園などを楽しめるのも1階ならではです。

▼この記事も読まれています
【2023年版】不動産売却の査定方法とは?机上査定・訪問査定の違いと相場の調べ方

\お気軽にご相談ください!/

マンションの1階!知っておきたい売却のコツをご紹介

マンションの1階を売却するときは、ターゲットを明確にしておくことがコツです。
足腰が弱って階段を使いたくない高齢者や落下事故が心配なお子さんのいるご家庭など、下層階の持つメリットを目当てに物件を求めている方に狙いを定めます。
内覧会では、物件の強みをアピールするとともに、セキュリティ面への不安も正直に伝えることも大切です。
必ず不安を解消できる対策や実践してきたコツを伝えて、不安を取り除くことも忘れないようにしましょう。
物件の売り出し価格の設定は、相場や査定額を参考に決めます。
上層階よりも少し安く設定して買い得なイメージを出し、早期の売買契約を目指すのもコツです。

▼この記事も読まれています
【2023年版】不動産売却による所得税の計算方法と控除制度とは?

まとめ

マンションの1階は、日当たりが悪く、外から見えやすいなどの理由で、かんたんに売れません。
とはいえ、下の階から騒音の苦情を受ける心配もなく、気兼ねなく暮らせる点がメリットです。
売却する際は、住んでみないとわからない物件の良さや、不安を解消するコツを伝えるなどして早期の売買契約締結を目指します。
西宮市周辺の不動産売却・買取は西宮市不動産売却ナビへ。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ