不動産売却が長引く原因とは?対処法とポイントをご紹介

不動産売却が長引く原因とは?対処法とポイントをご紹介

不動産売却が長引いているけど、いつ売れるのだろう?と心配されている方もおられると思います。
そこで今回は、不動産売却が長引く原因とその対処法についてご紹介していきます。
西宮市を中心に不動産の売却をお考えの方は、ぜひ記事を参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引く原因とは?

通常、不動産売却を開始してから引き渡しまでにかかる期間は3~6か月程度と言われています。
しかし、不動産によっては予想以上に時間がかかってしまうこともあります。
そのため、不動産売却が長引く原因をしっかり把握しておくことが必要となります。
一般的に不動産売却が長引く原因としては、以下の理由が挙げられます。

売却価格が高い

売却価格が相場と比べて高い場合は売れにくいと言えます。
同じエリアで同じ条件の物件が安く売り出されていれば、おのずと安いほうの物件を選ぶことになります。

売り出すタイミングが悪い

新年度に向けて不動産を探している方は4月、5月には落ち着いています。
もし、4月や5月以降に売り出し始めていると、需要が少なく長引く原因となっているかもしれません。
では、土地や相続の場合はどういった要因があるのか確認しておきましょう。
土地の売却が長引く原因

  • 土地の形に問題がある
  • 立地に問題がある
  • 周辺にゴミ処理場などがある
  • 利用に制限がある土地である

こうした土地は長引く原因になっている可能性があります。
相続により得た不動産の場合
不動産売却が長引く原因として、所有者のトラブルも挙げられます。
こうした場合は、不動産会社に相談するなどして対処する必要があります。

弊社をご利用いただいたお客様からの嬉しいお声です|お客様の声


\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が長引く際の対処法とポイント

不動産売却が長引く原因はさまざまですが、対処法を知っておくことで回避できる問題もあります。

売却価格の見直し

相場に合った適正な価格なのか見直しすることで、売却できる可能性があがります。
もし、適正な価格に設定している場合は、相場より少し下げることでお得感をアピールすることができます。

売れやすい時期を知る

売れやすい時期は一般的には以下のとおりです。

  • 新学期・転勤前の1~3月
  • 新年度に向けての9~11月
  • 引っ越ししやすい大型連休前

上記はあくまでも目安なため、周辺に競合物件が少ないか見定めることも必要です。

「買取」も検討

売却が長引いてお困りの際は、不動産会社に直接買い取って貰う方法もあります。
仲介と比べて売却価格が下がってしまいますが、購入者を探す必要がないため、すぐに売却することができます。

弊社の会社概要・代表挨拶はこちら|会社概要


まとめ

不動産売却が長引く原因と対処法について解説してきました。
不動産が長引くのには売却価格やタイミングなどさまざま原因があります。
適切に対処して早期売却を目指しましょう。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ