中古マンションの売却のしやすさと築年数の関係について解説!

中古マンションの売却のしやすさと築年数の関係について解説!

中古マンションを売り出した際の売却のしやすさは、さまざまな条件によって決まります。
築年数も重要な条件のひとつですが、中古マンションは築年数が経過していないうちに売れば買い手が見つかりやすいとは限りません。
今回は中古マンションの資産価値を決める要素、築年数から見た売り時のタイミング、築年数30年以上の中古マンション売却について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

中古マンションの資産価値を決める要素

中古マンションの資産価値は、土地と建物の価値によって決まります。
土地の資産価値は築年数の経過によって減少することはありません。
一方、建物の資産価値は築年数の経過にともなって徐々に減少し、修繕などによっても変化する場合があります。
そのため、基本的には築年数が経過するほど中古マンションの資産価値は減少すると考えて良いでしょう。
なお、マンションの住人は土地と建物についてそれぞれ権利を持っていますが、すべてを所有しているわけではありません。
マンションの1室を所有してる住人は土地の敷地権と専有部分である自室の区分所有権、建物の共用部分を利用できる共有持分を所有していることになります。
つまり、中古マンションを売却するということは敷地権、区分所有権、共有持分を売却することになるのです。

\お気軽にご相談ください!/

中古マンションの売り時な築年数

中古マンションの売り時について考える際は、資産価値と成約率の2点を考慮することが大切です。
資産価値が高い状態で売り出しても、需要が少なくなかなか買い手が見つからなければ値下げが必要になるケースもあるでしょう。
一般的に中古マンションの資産価値は、築1~20年までは急激に下落し、21年目以降は緩やかに減少するといわれています。
築25年程度が経過すると資産価値は半分になり、資産価値が低下するペースはさらにゆるやかになるのが一般的です。
また、住宅ローン控除が適用されるかどうかも売却しやすさには大きく影響します。
これらのポイントを考慮すると、中古マンションのとくに売り時なタイミングは築15~25年だといえるでしょう。
早い段階で売却する場合は、新しい設備が揃っており劣化や傷みも少ない築5年以内がおすすめです。

\お気軽にご相談ください!/

築30年以上の中古マンションは売却できない?

築30年以上の中古マンションは、新品時点に比べると資産価値が半分以下に減少しているケースが多く見られます。
設備も相応に老朽化しているため、低い価格で売り出しても需要はあまり高くありません。
場合によっては内装や設備の大規模なリフォーム・交換が必要になる可能性もあります。
ただし、大規模修繕を実施した直後や、人気エリアにある中古マンションは、築年数が経過しても比較的買い手が見つかりやすいでしょう。

まとめ

中古マンションの築年数は、売却価格や買い手の見つかりやすさに大きく影響する重要なポイントです。
売り時は立地や設備の状態などによっても変わってくるため、不動産会社ともよく相談して売却のタイミングを決めると良いでしょう。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ