【早期売却】家が売れないとどうなるの?売れない理由と対策について解説

家が売れないとどうなるの?売れない理由と対策について解説

住宅の売却を検討中の方のなかには、家が売れなかったらどうなるのか不安に思う方もいるでしょう。
不動産が売れ残ってしまう場合は、理由と対策を考えることが大切です。
この記事では、家が売れないとどうなるのかについて、売れにくくなる理由と対策も合わせて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

家が売れないとどうなるのか

売却するはずの住宅が長期間売れ残ると、最終的に売却価格を大幅に下げて売るか、空き家として持ち続けることになるでしょう。
まず、買い手が見つからない場合は仲介する不動産会社が買取保証で最終的に買い取ってくれる場合があります。
しかし、売却できる一方で、通常の相場よりも安い価格での買取となるのがデメリットです。
また、住宅ローン返済のために競売で売るのも1つの手段ですが、こちらも通常の不動産売却や任意売却よりも安い価格でしか売却されないので、希望売却価格での売却は難しいでしょう。
なお、競売や不動産会社の買取を利用せず売れるまで空き家として持ち続けることも可能ですが、空き家を保有することで生じるリスクを考慮する必要があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家が売れない理由とは

売れない理由には、問い合わせが少ないことや内見時の印象の悪さ、物件の価格が相場よりも高いことなどが挙げられます。
まず、物件の条件に魅力がない、物件の認知がされていないなどの理由からそもそも問い合わせがないために売却まで至らない場合があります。
また、内見があっても内見時の印象が悪ければ売れません。
内見時に室内が汚い、売主の対応が悪いことが原因で購入を見送る方もいるので、売る側として配慮することをおすすめします。
そして、売れ残る原因の大半を占めるのが、売り出し価格の問題です。
不動産は条件や立地などからおおよその相場が決まります。
売る側としてはできるだけ高く売却したいと考えるのは当然ですが、あまりにも相場からかけ離れた価格設定にすると売却は難しくなるでしょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

家が売れないときの対策

売れない理由がわかったら、原因を解決するために対策を考えることが大切です。
まずは、家を売るための戦略を立てましょう。
ポイントは適切な価格設定と売り出すタイミングです。
物件の市場調査をして相場を把握したうえで、希望価格とすり合わせながら価格を決めます。
あまりにも相場から離れた価格設定をしている場合は、必要に応じて値下げも検討しましょう。
そして、売却までのスケジュールに余裕がある場合は、売れにくい時期や競合の物件が少ない時期を狙って売り出すのもおすすめの戦略です。
また、内見時の丁寧な対応もスムーズに売却を進めるために重要になります。
内見時に室内を綺麗にしておく、丁寧にもてなすなど購入希望者に良い印象を与えましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

家が売れ残ると、不本意な価格でしか売却できなかったり、余分なコストがかかったりするリスクがあります。
不動産の売却は、価格設定や売り出すタイミング、内見時の対応などを考慮し、戦略的に進めることがポイントです。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ