【要注意】孤独死があったマンションの売却!資産価値低下を防ぐ方法や注意点をご紹介

2023-04-08

トラブル

孤独死があったマンションの売却!資産価値低下を防ぐ方法や注意点をご紹介

所有するマンションに孤独死が起きた場合、資産価値が下がってしまい売却することに不安を感じるオーナーの方も多いのではないのでしょうか。
今回の記事では、孤独死が起きた物件の資産価値低下を防ぐ方法や注意点についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

孤独死があったマンションの資産価値と売却への影響

法的な基準はありませんが、一般的にマンションなどの物件で孤独死が起きた場合、資産価値の下落率は平均20%ほどと言われています。
しかし、発見までの期間が長く特殊清掃や修繕が必要な場合や、立地条件など複数の要因が重なる場合は、下落率が30%を超えることも珍しくありません。
また、心理的嫌悪感から買主が見つからず、売却相場よりも低い価格に設定するなど、資産価値の下落幅は大きい傾向にあります。
ただし、賃貸物件として貸し出す場合はそれほど低下しません。
その理由として、賃貸物件の場合は住民が変わるたびに心理的瑕疵が薄れていくことが挙げられます。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

孤独死があったマンションを売却するべく資産価値低下を防ぐ方法

孤独死があっても資産価値低下をできるだけ防ぐ方法として、特殊清掃をして原状回復をおこなう方法と遺品整理をして故人の遺品を整理する方法があります。
発見が遅かった場合、遺体の腐敗が進んでいるケースが多く、痕跡を消すには一般的なクリーニング以外に、特殊な薬品などを使った清掃・除菌が必要です。
また、遺品が残された状態だと次の借主が入居できないため、遺族に引き取ってもらうか遺品処理業者に処分してもらいましょう。
買主や借主の心理的瑕疵を軽減するためにも、原状回復をおこない綺麗な状態にできるかが資産価値低下を防ぐ大事なポイントになります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

孤独死があったマンションを売却するときの注意点は?

マンションを売却する際の注意点としては、遺族に遺品を引渡し、特殊清掃による原状回復をしてから売却することが挙げられます。
特殊清掃などの清掃費用が補償される保険に加入しておくと、特殊清掃にかかる費用を軽減できるので活用することをおすすめします。
また、孤独死があった物件を売却する場合、買主への告知義務があるので注意しましょう。
万が一買主に告知をせずに物件を売却した場合、あとで購入者から売買契約の解除や損害賠償請求されるなど、大きなトラブルに発展しかねません。
トラブル防止のためにも、必ず買主や不動産会社に孤独死が起きたことを告知するようにしましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

孤独死の起きたマンションなどの資産価値の下落率は、一般的に20%~30%と想定されます。
ただし、遺品整理や特殊清掃による原状回復をすることで資産価値低下を防ぐことが期待できるため、活用されることをおすすめします。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ