【要注意】不動産売却における事故物件とは?売却方法や注意点について解説

不動産売却における事故物件とは?売却方法や注意点について解説

不動産売却を考えた際、対象の物件が事故物件の場合どうすれば良いのか、お悩みの方もいるのではないでしょうか。
売却方法や注意点をしっかり把握しておけば、スムーズに売却を進められるでしょう。
今回は、事故物件とは何か、不動産売却の方法や注意点について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における事故物件とは

事故物件とは、人の死に関わる事件や事故が起こってしまった物件を指します。
病死や自然死などの場合は事故物件とは見なされないのが一般的ですが、発見が遅れた場合などはその限りではありません。
事故物件は心理的瑕疵に該当し、買主は売主に対し事故物件である旨を伝える告知義務が生じます。
一般的な物件より価格が下がるのは避けられないため、売却に際しては告知義務をしっかり果たしつつ、物件の魅力を伝えていくことが欠かせません。
告知義務を怠ると、あとから買主によって損害賠償請求や契約解除を要求されるなど、トラブルにもなりかねません。
このため、伝えるべきはしっかり伝えることが大切となります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却における事故物件を売却する方法とは

事故物件の売却は、一般的な不動産売却とくらべるとなかなか買い手がつかないのが悩みとなります。
そのため、一般的な物件との差を図るため、値引きなどの工夫が必要です。
建物を解体して更地として売却する方法もありますが、更地にしても買主への告知義務は残り、事故物件であることに変わりはありません。
そのまま売却するも更地にして売却するも、事故物件は買い手が現れにくいことから、売却には時間がかかることを覚悟しておきましょう。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却をする際に事故物件だった場合の注意点とは

事故物件は一般的な物件にくらべ、値引きをしないとなかなか売れません。
しかし、何の情報もないまま値引き交渉に応じてしまうと損をしてしまう可能性があるため、専門知識を持った方に売却査定をしてもらうことが大事です。
事故物件の不動産売却には時効はないことを注意点として押さえておく必要があります。
このため、物件を紹介するたびに告知義務が発生するため、きちんと事故物件であることを説明しなければなりません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

まとめ

今回は、不動産売却における事故物件に関して解説しました。
事故物件の売却には告知義務がともなうとともに、買い手が見つかりにくいことから、専門的な知識を持った方に相談しながら対応することが欠かせません。
事故物件の売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
私たち「ホームバンクサービス」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ