【2023年版】日当たりが悪い家を売却するためのコツ3選!価格への影響やメリットも解説

日当たりが悪い家を売却するためのコツ3選!価格への影響やメリットも解説

日当たりが悪い家の売却は、スムーズにできるのか心配ですよね。
日当たりが悪いと売却価格に影響するといわれていますが、どのくらい下がるのでしょうか。
この記事では、日当たりの悪い家の売却を検討している方に向けて、日当たりの悪さが売却価格に及ぼす影響や売却のコツを解説します。
日当たりの悪さから得られるメリットもご紹介するので、早期売却に役立つでしょう。

\お気軽にご相談ください!/

日当たりが悪い家の売却価格は相場の約80%

日当たりが悪い家は、需要が少ないので相場の約80%の売却価格になる場合があります。
需要が少ない理由は、日当たりが悪いと、洗濯物が乾きにくかったり、湿気でカビが発生しやすくなったり、日常生活や家の耐久性に影響を及ぼすからです。
日当たりは方角によって大きく変わり、それに伴い売却価格も変動します。
日当たりの悪い方角に窓がある場合は、売却が難しくなる可能性が高いでしょう。
とくに、直射日光が入りにくい北向きは需要が少なく、売却価格が下がる傾向があります。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

売却できる!日当たりが悪い家のメリット

日当たりが悪い家でも、日当たりが悪いことで得られるメリットをアピールすれば、売却は可能です。
日当たりが悪いと、室温が上がりにくいので、夏でも涼しく感じられます。
エアコンや扇風機の使用頻度が減り、電気代の節約にもなるでしょう。
また、直射日光が入りづらいため、家具やフローリングを日焼けで傷める心配がありません。
日中働いている方は、昼間に自宅にいないため、日当たりを気にしていない傾向があります。
日当たりが悪いことをデメリットだと感じにくく、日当たりの悪さで価格が下がっていることから購入を検討する方もいるでしょう。

弊社をご利用いただいたお客様からの嬉しいお声です|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

日当たりが悪い家を売却するコツ3選

日当たりが悪い家を売却するコツを3つご紹介します。

  • 照明を設置する
  • きれいに掃除する
  • 夜に働いている買主を探す

部屋の隅々まで明るくなるように照明を設置すれば、日当たりも気にならず、室内を広く感じさせられるでしょう。
日当たりの悪い家は、不衛生な印象を持たれている可能性があるので、徹底的な掃除が必要です。
また、夜に働いている方は、室内が暗いほうが日中に睡眠をとりやすいので、日当たりの悪さをメリットだと捉えてくれます。

弊社の会社概要・代表挨拶はこちら|会社概要

まとめ

日当たりの悪い家は、売却価格に影響はありますが、売却は可能です。
照明の設置や徹底的な掃除をすると、日当たりが悪くても室内の印象を向上させられるでしょう。
また、日当たりにこだわらない買主を探すことも早く売却するコツです。
日当たりが悪い家もメリットはあるので、購入検討者にアピールしていきましょう。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ