【2023年版】不動産売却が難しい負動産とは?相続放棄や処分方法を解説!

不動産売却が難しい負動産とは?相続放棄や処分方法を解説!

この記事のハイライト
●負動産とは、所有者が利用しておらず売却や賃貸も難しい、資産価値の低い不動産のこと
●不動産は相続放棄しても管理義務が残るため注意が必要
●仲介での不動産売却以外では、自治体への寄付や不動産会社の買取によって負動産を処分できる

自分で利用しておらず買主や借主も見つからない不動産は、マイナスの財産である負動産と呼ばれることがあります。
相続にともない所有してしまうこともあるため、対処方法を知っておくのが大切です。
今回は、負動産とはどのようなものなのか、不動産売却や処分方法とともにご紹介します。
兵庫県西宮市で不動産をお持ちの方は、ぜひチェックしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却で気を付けたい負動産とは?

不動産売却で気を付けたい負動産とは?

負動産とは、居住や売却、賃貸利用できるだけの資産価値がない不動産を意味します。
利用していない不動産でも、固定資産税や維持管理費などの費用が発生します。
マイホームとして利用している不動産なら、これらの費用がかかっても大きな問題にはなりません。
あるいは不動産売却や賃貸利用できる場合も、なんらかの利益をもたらしてくれるため、負動産にはなりません。
一方で、負動産になりやすい物件には次のものがあります。
別荘やリゾートマンション
バブル景気の頃は、資産としての別荘やリゾートマンションが人気を集めていました。
しかし景気が低迷するとともに別荘やリゾートマンションの価値も下がり、負動産となってしまうケースが増えています。
リゾート地は交通アクセスが不便な地域に位置していることが多く、買主や借主が見つかりにくい特徴もあります。
相続した家や農地
すでにマイホームを所有していると、相続により家を取得しても空き家になってしまう傾向があります。
しかも築年数が経っていることが珍しくなく、建物の状態によっては不動産売却や賃貸運用も困難でしょう。
また、農地のような用途に制限のある土地も負動産となりやすいため注意しましょう。
空室が多い賃貸物件
賃貸物件は満室状態でないと、家賃収入で利益を上げるのが難しい場合があります。
そのため空室率が高いと、固定資産税や維持管理費などの支払いで赤字となる恐れがあり、負動産となってしまいます。
そして利回りが低い投資物件は、不動産売却により手放すことも困難です。

不動産売却により処分するのがポイント

活用していない不動産は、なるべく早く売却するのがおすすめです。
不動産は所有している間もコストがかかり続けるだけでなく、築年数が経過するほど資産価値も下落してしまいます。
中古住宅としての不動産売却は難しいほど建物の状態が悪くても、解体して更地にすれば買主が見つかる可能性が高まります。
あるいは、古家付き土地としての売却であれば解体せずそのままの状態でも売却が可能です。
不動産会社では、物件の状態に合わせた売却方法を提案しているため、負動産でお困りの際はまずは弊社へお問い合わせください。

この記事も読まれています|離婚時に不動産売却したら財産分与はどうする?売却方法や注意点について

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却が難しい負動産を相続放棄する方法とは?

不動産売却が難しい負動産を相続放棄する方法とは?

相続開始を知った日から3か月以内であれば、相続放棄するという方法もあります。
所有権が移る前に相続放棄すれば、不動産売却が難しい負動産に悩まされる心配がありません。
相続人全員が不動産を放棄して所有者がいなくなると、固定資産税の支払い義務もなくなります。
また、借金などの負債があっても返済義務がなくなるのも相続放棄のメリットです。
そして相続放棄の手続きは、ほかの相続人の同意を得る必要がなく、単独でおこなえます。

手続きの方法

相続放棄の際は、家庭裁判所に申述書を提出します。
このほか、以下の書類を用意してください。

  • 申述書に貼付する収入印紙(800円)
  • 被相続人の住民票除票
  • 被相続人の戸籍謄本
  • 被相続人の除籍謄本、改製原戸籍謄本
  • 申述人の戸籍謄本

相続放棄の注意点

相続放棄するときの注意点として、すべての相続を放棄しなければならない点が挙げられます。
たとえばいらない不動産のみを放棄し、現金や資産価値の高い不動産だけを相続するといった方法は選択できません。
そして相続放棄したとしても、物件の管理義務は残る点にも注意してください。
また相続放棄する際は、ほかの親族に相続権が移るケースがあります。
たとえば配偶者や子どもが相続放棄したとき、兄弟姉妹またはその代襲相続人(甥・姪)が相続人になります。
しかし子どもらが相続放棄するような財産は、兄弟姉妹にとっても不要な財産である可能性が高いでしょう。
そこで相続権が移る親族をすべて洗い出したうえで、全員で相続放棄する必要があります。

相続放棄よりも不動産売却がおすすめ

前述のとおり、相続放棄しても物件の管理は引き続きおこなう必要があります。
さらに甥・姪などの遠い親族が相続に巻き込まれるリスクがあるため、基本的には相続放棄よりも不動産売却がおすすめです。
ただし不動産売却するためには、相続人全員の同意を得なければなりません。
そこでまずは、不動産会社に価格査定を依頼するのがおすすめです。
どのくらいで売れるのか見込みの金額がわかっていれば、遺産分割などの協議もスムーズに進められるでしょう。

弊社をご利用いただいたお客様からの嬉しいお声です|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却以外で負動産を処分する方法とは?

不動産売却以外で負動産を処分する方法とは?

不動産売却したくても、負動産のように資産価値の低い物件は思うように売却活動が進まないことがあります。
しかし不動産売却以外の方法でも、負動産を処分することが可能です。

空き家バンクを活用する

空き家バンクを実施している自治体には、不動産を売りたい・貸したい所有者と、移住希望者をマッチングする仕組みがあります。
空き家対策と移住促進する効果があるため、空き家バンクに力を入れている自治体も増えています。
空き家バンクの登録は無料でおこなえるため、不動産の所在地を管轄する自治体へ相談してみてはいかがでしょうか。

自治体へ寄付する

空き家の条件によっては、自治体や町内会、自治会へ寄付する処分方法があります。
不動産売却ではないので利益は得られませんが、固定資産税や維持管理のコストはなくなります。
ただし、どのような不動産でも寄付を受け付けてもらえるわけではありません。
公共施設としての利用や、道路といったインフラを敷設するなどの活用が見込まれる物件に限られます。
個人や法人に寄付する場合も同様で、何らかの利用価値がある不動産でないと寄付を受け付けてもらうことも困難でしょう。

不動産会社の買取を利用する

仲介での不動産売却以外に、不動産会社による買取を利用することもおすすめです。
買主が見つかりにくい負動産なども、不動産会社であれば買取が可能な場合があります。
不動産会社が提示する価格で納得すれば、すぐに不動産を現金化できるのもメリットの1つです。
売れにくい負動産にお困りの方はもちろんのこと、売却活動にあまり時間をかけられない方にもおすすめの処分方法です。
なお、買取はすべての不動産会社がおこなっているわけではありません。
また取り扱いできない物件もあるため、まずは価格査定を依頼する際に不動産会社までご確認ください。

弊社の会社概要・代表挨拶はこちら|会社概要

まとめ

負動産とはどのようなものなのか、相続放棄や処分方法とともにご紹介しました。
売却が難しいと思われる負動産でも、相続放棄や買取などの方法で処分が可能です。
そこで活用予定のない不動産でお悩みの方は、早めに不動産会社に相談するのがおすすめです。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」では、兵庫県西宮市で価格査定の依頼を承っております。
買取のご相談も受け付けているので、不動産売却でお困りの方や、早期売却をご希望の方もぜひお問い合わせください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ