【必見】不動産の売却時に必要な物件資料とは?揃えたほうが良い理由についても解説!

不動産の売却時に必要な物件資料とは?揃えたほうが良い理由についても解説!

不動産の売却時には多くの過程を要しますが、同時にさまざまな物件資料も必要です。
必要な資料を事前に準備すると、スムーズに売却をおこなえるだけではなく、不動産が売れやすくなる可能性があります。
この記事では、兵庫県西宮市で不動産売却をお考えの方に向けて、売却時に必要な物件資料のご紹介と、揃えると良い資料や理由についても解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却時に必要な物件資料とは

不動産の売却時には、さまざまな物件資料が必要なので、事前に確認して準備することで、査定依頼や契約、引き渡しがスムーズにおこなえます。
不動産の売却時に必要な物件資料などを以下にご紹介します。

  • 身分証明書、住民票など本人確認書類
  • 実印、印鑑証明書
  • 登記済証、登記識別情報
  • 固定資産税、都市計画納税通知書
  • 物件購入時のパンフレット、管理規約など(マンション売却の場合)
  • 建築確認通知書、検査済証(一戸建て売却の場合)
  • 測量図、境界確認書、建物図面など(一戸建て、土地売却の場合)
  • インスペクションの結果報告書
  • 地盤調査報告書
  • 物件購入時の売買契約書
  • 設備表

不動産の売却時に必要な物件資料のなかには、測量図など事前準備が必要なものや、住民票など市区町村区の役場で取得する必要があるものがあります。
さらに物件購入時の売買契約書やパンフレットは紛失していた場合、購入した不動産会社に問い合わせをして、写しをもらうようにしましょう。

弊社をご利用いただいたお客様からの嬉しいお声です|お客様の声


\お気軽にご相談ください!/

不動産の売却時に物件資料を揃えたほうが良い理由とは

不動産の売却時に物件資料を揃えておくと売れやすくなるといっても過言ではありません。
なぜならば、不動産の売却時に物件資料があることで購入希望者に物件の詳細を知ってもらえるため、中古物件でも安心感を与えられるからです。
また、不動産の査定時にも物件資料を揃えておくと適正に査定できる可能性が高まります。
不動産の売却査定前には、可能な限り物件資料を揃えておくことがおすすめです。
たとえば、売れやすくなる物件資料の一つに「インスペクションの結果報告書」があげられます。
インスペクションとは、専門家による建物の調査報告書です。
インスペクションに合格すると一定の品質が証明され、過去一年以内に実施されたものは重要事項説明書にも記載されます。
インスペクションの依頼費用は5万円ほど必要ですが、早期売却や希望価格での売却が期待できるのでおすすめです。

弊社の会社概要・代表挨拶はこちら|会社概要


まとめ

不動産の売却時にはさまざまな物件資料が必要です。
物件資料を揃えておくとスムーズに契約できるだけでなく、適正な査定ができたり、売れやすくなったりする可能性が高くなります。
不動産の売却に必要な物件資料は地域の不動産会社に相談して事前準備をすると良いでしょう。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ