【2023年版】不動産が売れない原因は何?おすすめの改善案を解説!

不動産が売れない原因は何?おすすめの改善案を解説!

不動産はすぐに売れるとは限らず、なかなか売れないことも考えられます。
実際に不動産が売れない原因にはどのようなことがあるのでしょうか。
この記事で解説するとともに、おすすめの改善案もご説明するのでぜひ参考にしてみてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない原因を解説!

不動産がなかなか売れない原因として、考えられる内容を解説します。

売却価格が高すぎる

周辺の相場と比べて売却価格が極端に高い場合などは、不動産が売れない原因となります。
適正な売却価格の把握が難しい場合は、弊社へご相談いただければ売却価格設定のお手伝いをいたします。

立地条件が悪い

駅から遠い場合や、周辺に商業施設がないケースだと、不動産の需要が低くなってしまいます。
このように、立地条件が悪いことも不動産が売れない原因の1つです。

売却時期が悪い

不動産が売れる時期は、1~3月と秋ごろです。
この時期に合わせると売れやすくなりますが、タイミングを逃してしまうとなかなか売れない原因となってしまいます。
不動産がなかな売れないことで悩んでいる方は、売り出しているタイミングを見直してみてください。

内覧の印象が悪い

内覧の際に、部屋の汚れが目立っている場合や整理整頓ができていないケースは、購入希望者へ悪い印象を与えてしまいます。
当然、イメージが悪い不動産はなかなか買主が現れません。
販売活動についてお悩みの方は、一度弊社までご相談ください。

弊社をご利用いただいたお客様からの嬉しいお声です|お客様の声


\お気軽にご相談ください!/

不動産が売れない場合の改善案

ここからは、不動産が売れないときの改善案を解説します。

適切な売り出し価格を設定する

売り出し価格が相場より高いと売れにくいので、適切な価格に設定することが大切です。
その際の改善案は、小刻みに下げることを避けて、大きい位の数字を下げることをおすすめします。

内見の印象を良くする

部屋の整理整頓を整えることや、不用品を処分することで、家の印象が良くなります。
内覧の際のイメージが良いと、購入希望者が現れやすくなるので意識してきれいにしましょう。

信頼できる不動産会社を選ぶ

不動産会社の担当者と意思疎通が図れていると、不動産を希望する形で売りやすくなります。
弊社では、不動産が売れない場合に改善案を一緒に考え、不動産売却のサポートしていきます。

弊社の会社概要・代表挨拶はこちら|会社概要


まとめ

不動産が売れない原因は、売り出し価格や立地、内覧時の印象にあることが多いので、この記事で解説した改善案を参考にして売り方を見直しましょう。
この他にも不動産売却に関してお困りごとがありましたら、お気軽にお問い合わせください。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ