【2023年版】不動産の買取とは?メリットとデメリットを解説!

不動産の買取とは?メリットとデメリットを解説!

不動産売却を検討している方は、買取という言葉を聞いたことがあるでしょう。
しかし、仲介との違いや買取のメリット・デメリットについてはご存じないかもしれません。
そこでこの記事では、不動産の買取について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取とは?仲介との違いを解説

不動産の買取とは不動産を不動産会社に直接買い取ってもらうことを意味します。
この場合の売却先は、不動産会社です。
そのため、通常の販売活動で実施する広告や内見はおこないません。
買取の方法には、下記の2種類あります。

  • 即時買取
  • 買取保証

即時買取とは、買取額の交渉が終わり次第、すぐに買取へと進む方法です。
一方、買取保証とは、一定期間経っても契約が成立しない場合に不動産会社に買い取ってもらうものです。
このように、買取にも2種類ありますが、どちらも最終的には不動産会社に直接買い取ってもらうことになります。
また、一般的に不動産を売買する際には、仲介の手段を取る方が多いでしょう。
仲介とは、売主と買主の間に不動産会社が入って販売活動を進める方法です。
この場合、売却先は個人であることが買取とは異なります。
くわえて、仲介は個人を相手に売買するので、広告や内見を実施することが一般的です。
さまざまな販売活動をおこない、広く購入希望者を募るのが仲介の方法です。

弊社をご利用いただいたお客様からの嬉しいお声です|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

不動産の買取をおこなうメリットとデメリットとは?

不動産の買取をおこなうと、どのようなメリットを得られるのでしょうか。

売却終了までの時間を短縮できる

売却先が不動産会社であるため、契約が済めばすぐに売却することが可能です。
これにより、現金化までのスピードも短縮されます。
不動産を急いで売却したい方にとって、買取によるメリットは大きいです。

内覧の準備が不要

2つ目のメリットは、内覧の準備が不要なことです。
内覧を実施する際は、部屋をきれいに整えることが必要なので準備が手間になってしまうと考えます。
しかし、買取は不動産会社の訪問調査だけで売却価格が決まるので、修繕などの手間を省けるのです。
上記のようなメリットがある反面、デメリットもあります。

売却価格が安くなる

不動産の買取は、一般的な仲介よりも売却価格が安くなることがデメリットです。
目安として、仲介の7~8割の値段が付けられると考えてください。
そのため、思うような値段で買い取ってもらえないことを想定しておきましょう。

弊社の会社概要・代表挨拶はこちら|会社概要


まとめ

不動産の買取とは、不動産会社に直接買い取ってもらうことを意味します。
また、総合的に考えると、不動産の買取はメリットのほうが多いですが、売却価格が安くなることは覚えておかなければなりません。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ