空き家はすぐに売却するべき!理由と2つの売却方法をご紹介

空き家はすぐに売却するべき!理由と2つの売却方法をご紹介

空き家は所有しているだけでさまざまな費用がかかるため、なるべく早く売却することが重要です。
しかし、具体的にかかる費用や売却方法を知らないとなかなか売却に踏み出すことが難しいですよね。
本記事では空き家を所有しているとかかる費用や2つの売却方法をご紹介します。
西宮市で空き家の売却をご検討中の方は、ぜひご確認ください。

\お気軽にご相談ください!/

空き家の所有時と売却時にかかる費用

空き家は所有しているときと売却するときの2つの場面で費用の支払いが必要です。
ここで、それぞれどのような費用が発生するのかを確認しておきましょう。

空き家の所有時にかかる費用

空き家を所有していると以下の費用がかかってきます。

  • 固定資産税
  • 光熱費(未解約の場合)
  • 保険料

これらは空き家の立地や各契約によって具体的な費用は変わりますが、決して少なくない費用がかかってきます。
具体的にどのぐらいの費用がかかっているのかを数値として一度確認しておきましょう。
一般的には、上記すべてを合わせて15万円~25万円ほどになることが多いです。

空き家の売却時にかかる費用

空き家を売却する際は以下のような費用がかかってきます。

  • 印紙税
  • 譲渡所得税
  • 仲介手数料
  • 解体費

まず、印紙税は売買契約書にかかる税金、譲渡所得税は売却益にかかる税金です。
また、仲介手数料は媒介契約の仲介を担った不動産会社へ支払う成功報酬費、解体費は空き家を更地にして売り出すときにかかる費用になります。
これらの費用は売却前にもある程度予想することが可能です。
具体的な金額はぜひ弊社へお気軽にご相談ください。

弊社をご利用いただいたお客様からの嬉しいお声です|お客様の声


\お気軽にご相談ください!/

空き家を売却する2つの方法

空き家を売却するには、古家付きで売る方法と更地にして土地として売る方法があります。
まず、古家付きでの売却は解体費がかからないといった点がメリットです。
しかし、古家の市場価値がゼロとなっていれば逆に買い手がつかなくなってしまいます。
古家に価値が残っている場合に適しているのは古家付きで売る方法です。
逆に、更地にして売却する方法は解体費がかかりますが、買い手が付きやすいといった特徴があります。
どちらの方法が適しているのかを確認して手続きを進めていきましょう。

弊社の会社概要・代表挨拶はこちら|会社概要


まとめ

本記事では空き家を所有しているとかかる費用や2つの売却方法をご紹介しました。
空き家は所有しているだけで費用がかかってくるため、利活用や売却が必要です。
自分に合っている方法で売却手続きを適宜進めていきましょう。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ