任意売却の単純売却とは?制度の概要やメリット・注意点を解説

2023-11-04

任意売却の単純売却とは?制度の概要やメリット・注意点を解説

住宅ローンを利用してマイホームを手にしたものの、予定が狂い住宅ローンの返済が困難になるケースがあります。
そんなときに検討したいのが「任意売却」ですが、任意売却にもさまざまな手法があり、どの手法を採用するかで悩まれることも少なくありません。
今回は任意売却手法のひとつである「単純売却」に焦点を当て、その概要とメリット、利用時の注意点について解説します。

\お気軽にご相談ください!/

任意売却手法のひとつである単純売却の概要

任意売却には、単純売却のほかに「買い戻し」「買取」「親子間売買」「リースバック」「抵当権抹消請求」の手法があります。
そのなかで単純売却はもっともシンプルな売却方法で、一般的な不動産売却と手続きはほとんど変わりません。
そのため、任意売却のなかでももっとも高い売却価格での売却が期待できる手法です。
住宅ローンの滞納が続き、競売にかけられてしまった場合の売却価格に比べ、単純売却の場合は価格が1.5倍になることもあります。
売却せざるを得ない事態に陥った場合は、早めに単純売却を検討するなどの対策を立てる必要があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に行われる物件調査とは?その流れについても解説

\お気軽にご相談ください!/

単純売却を利用するメリットとは?

単純売却は、その他の5つの方法よりも高く売却できる可能性がある点が大きなメリットです。
通常の不動産売買と同様、マイホームを探している一般の消費者に売却するので、買取などと比べ売却額が高くなります。
売却額が高ければ、住宅ローンの残債も減らせるため、売却後の負担が少なく済むだけでなく、債権者である金融機関の同意も得られやすいです。
ただし、単純売却で物件を購入するのは一般の消費者なので、室内の状態を良好に保っておかないと売れにくい恐れがあります。
くわえて、内見に向けてハウスクリーニングを実施するための費用や売却後の転居費用など、出費が発生することも念頭におく必要があります。

▼この記事も読まれています
不動産売却時の付帯設備表には何を記載する?注意点もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

単純売却を利用する際の注意点とは?

単純売却は通常の不動産売却と同様、買主が一般の消費者であるため、売却活動から買主が決まり実際に引き渡すまでに時間がかかる可能性があります。
そのため、ある程度時間にゆとりを持って売却活動に臨むことが大切です。
また、少しでも良い条件で買ってもらうために、内見で良い印象が与えられるよう室内を整えておくことも重要です。
室内はきれいに清掃しておくのはもちろんのこと、不要なものもある程度処分しておきましょう。

▼この記事も読まれています
離婚時にマンションの残債は折半する必要があるのか?売却方法も解説!

まとめ

任意売却は、不本意な理由でマイホームを売却しなくてはならないときに利用する手段です。
そのため少しでも高く売却できる可能性のある単純売却を利用して、負債を減らし新たなスタートの第一歩としたいものです。
時間に余裕を持って売却活動すると、有利な売却につながります。
西宮市周辺の不動産売却・買取は西宮市不動産売却ナビへ。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ