不動産売却時に火災保険解約での返金は?解約前に活用できるポイントも解説

2023-10-21

不動産売却時に火災保険解約での返金は?解約前に活用できるポイントも解説

不動産の売却を検討する際に、火災保険はどうしたら良いのか気になる方は、少なくないでしょう。
不動産売却時は、火災保険の解約手続きなどの知識が、とても役に立ちます。
そのため、この記事では火災保険の解約手続きについてや、その際に戻ってくるお金はあるのかを解説します。
また解約前にできるポイントもご紹介しますので、参考にしてください。

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に火災保険の解約手続き

不動産購入時や、家を建てたときに火災保険の加入が義務付けられていて、年単位で加入しているでしょう。
そのため、不動産を売却する際は、加入した火災保険の途中解約が必要です。
しかしタイミングがとても重要で、不動産売却が決まって、すぐに解約はしないでください。
買主に引き渡すまでの間に火災や災害による被害があって、もし火災保険がない場合、補償がなくすべての修繕を自己負担しなければならない可能性があります。
そのため、家の所有権移転登記後に、解約手続きをしましょう。
流れとしては、保険会社へ加入者本人が電話をして、郵送してもらった申請書に記入して返送します。
延期などによる想定外の可能性があるため、引渡しが済んでから手続きすると安心です。

▼この記事も読まれています
不動産売却時に行われる物件調査とは?その流れについても解説

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に火災保険の解約手続きした場合の返金

契約により異なりますが、契約期間が1か月以上ある場合は、途中解約ができ、解約時から先の未経過分の保険料が返金されます。
計算方法は、一括で支払った保険料×未経過料率で、払戻率は保険会社ごとに異なります。
この計算方法でお分かりでしょうが、条件として一括で保険料を支払い、残存期間がある方が対象です。
いくら返金になるのかは、保険会社ごとに異なりますが、基本的に計算方法どおりです。
たとえば10年間の契約で一括支払いして、7年目に売却した場合は、3年分の支払い済み保険料が返金されます。
加入者からの申請によって、返金されるため、忘れずに手続きをしましょう。

▼この記事も読まれています
不動産売却時の付帯設備表には何を記載する?注意点もご紹介

\お気軽にご相談ください!/

不動産売却時に火災保険の解約をする前に活用できるポイント

火災保険には、火災の被害を補償するだけではなく、オプションが付いている場合が多いです。
そのオプションを使って、不動産売却時よりも前に修繕できる可能性もあるため、契約内容を一度確認してみましょう。
仮に、不動産売却時よりも前に修繕ができれば、売却価格が高くなる可能性もあります。
さらに保険会社によって異なりますが、途中解約する前に利用できれば、修繕費用の負担が抑えられます。
また火災以外の災害も対象になるため、併せて確認してください。
たとえば、水ぬれのオプションがついていて、雨漏りなどが理由の損害が対象になる可能性があります。
部屋に水ぬれの被害がある場合は、不動産売却時より前に、保険を使って修繕するほうが良いでしょう。

▼この記事も読まれています
離婚時にマンションの残債は折半する必要があるのか?売却方法も解説!

まとめ

不動産売却時には、加入した火災保険の途中解約は、タイミングがとても重要です。
一括で保険料を支払い、残存期間がある方が条件で、一括で支払った保険料×未経過料率の計算方法で返金されます。
不動産売却時よりも前に修繕できる可能性もあるため、契約内容を一度確認してみましょう。
西宮市周辺の不動産売却・買取は西宮市不動産売却ナビへ。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ