土地の相続税が払えない際の融資を受ける方法は?メリットや対策をご紹介

2023-10-07

土地の相続税が払えない際の融資を受ける方法は?メリットや対策をご紹介

財産を保有する方が亡くなり、財産を相続する場合は10か月以内に相続税を支払わなくてはいけません。
相続したものが不動産や土地などが多く現金ではなかった場合、相続税を支払うための資金が足りず支払えないケースがあり注意が必要です。
土地などの相続税が支払えない場合の対処法の、銀行から融資を受ける方法についてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

相続税を銀行から融資受けて支払う方法とは?

土地や不動産などの現物資産を相続して相続税を支払うための資金が足りない場合、銀行から融資が受けられます。
融資を受けるために担保として土地や不動産を入れる必要があり、土地の状況がわかる権利書などの資料を持って窓口へ来店しなくてはいけません。
また、融資を受けるためには保証人を立てる必要があるため、相続人の方は誰を保証人するか事前に決めておく必要があります。
相続税を支払うために受ける融資は、住宅を購入するときの住宅ローンの借り入れに比べると高い金利水準のため注意しましょう。

▼この記事も読まれています
相続登記とは?経費にできる費用の種類や注意点も解説!

\お気軽にご相談ください!/

相続税に融資を利用するメリット・デメリットとは?

土地の相続税の支払いを目的とした融資は融資利率が低いメリットがあるため、延納などの利子税と比べて利率が低ければ利用した方が良いでしょう。
融資を受けるこの方法は金融機関の審査は厳しく、信用のある方でないと利用できません。
また、不動産を購入するときの住宅ローンの審査に比べて、相続税のための融資は審査に時間がかかるため納付期限に合わせて早めに手続きをする必要があります。
融資を受けるためには保証人を用意しなくてはいけないため、保証人になる方がいない場合は利用できないデメリットがあります。

▼この記事も読まれています
任意後見と法定後見の始め方と権限の違いをご紹介

\お気軽にご相談ください!/

土地の相続税が払えなくなる前の対策とは?

土地の相続税が支払えないケースで多いのは相続したものが現物資産がほとんどで、現金が足りなくなることです。
そのため対策として生前にどのような資産が相続されるのか、現状把握をすることが重要です。
相続税の目安を先に確認しておいたり、相続したもので資金が足りるかどうかなどを、生前に計算することで相続後のトラブルを回避するようにしましょう。
生前にさまざまな特約が利用できるように遺言を作成することで、本人や相続人の希望に沿って負担を軽減できるでしょう。

▼この記事も読まれています
相続税が減額される取得費加算の特例とは?併用できる特例もご紹介

まとめ

土地の相続税が支払えなくなった場合は条件を満たせば融資を利用できますが、審査が厳しく保証人を用意しなくてはいけません。
生前に資産の現状把握と相続に関することを確認し対策を立てることで、支払えなくなる前にトラブルを回避できるでしょう。
相続人になる予定がある方はぜひ参考にしてみてください。
西宮市周辺の不動産売却・買取は西宮市不動産売却ナビへ。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

売却査定

お問い合わせ