【2023年版】不動産の買取は仲介での売却とどう違う?気になるメリットとは

不動産の買取は仲介での売却とどう違う?気になるメリットとは

所有している不動産の売却をする場合は、不動産会社に売却を依頼する方が多いでしょう。
しかし、所有している不動産によっては売りにくく売却まで時間がかかってしまいお悩みの方もいるのではないでしょうか。
ここでは西宮市で売却を検討している方に向けて、不動産を手放す方法の一つである「買取」について仲介での売却との違いやメリットもあわせてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

不動産買取と仲介での売却の違いとは?

所有している不動産を売却するには大きく分けて2つの方法があります。

仲介での売却

仲介での売却は不動産会社と媒介契約を結び、売却を依頼する一般的な売却方法です。
媒介契約を結んだ不動産会社は、広告などの売却活動をおこない買主を見つけ売買契約のサポートをおこないます。
仲介での売却では売買契約が成立した場合に、成功報酬として仲介手数料を支払いますが、売買契約が成立しなければ支払う必要がないのも特徴の一つです。

不動産買取

不動産買取とは不動産会社が直接不動産を買い取る方法のことです。
仲介での売却との大きな違いは、買主が不動産会社になるため買主を探す売却活動の必要がないところでしょう。
また買取には、すぐに買取をおこなう「即時買取」と仲介での売却の期間を決めて、売却できなかった場合に不動産会社が買い取る「買取保証」の2つの方法があります。

弊社をご利用いただいたお客様からの嬉しいお声です|お客様の声


\お気軽にご相談ください!/

不動産買取のメリットとは?

不動産会社が直接不動産を買い取る買取にはいくつかのメリットがあります。

  • 早く売却できる
  • 仲介手数料が不要
  • 周囲に売却を知られない
  • 契約不適合責任がない

不動産買取のもっとも大きなメリットは、買主を探す必要がないためスピーディーに売却ができるところです。
現金化を急いでいる方やスケジュールに余裕がない方にとっては向いている方法といえるでしょう。
また仲介手数料がかからないのも買取の特徴といえます。
仲介手数料は売却費用のなかでも大きな割合を占める費用のため、嬉しいメリットといえるかも知れません。
さらに買取では売却活動をおこなわないため、広告や物件情報を出すことがなく周囲の方に売却を知られることがないのもメリットです。
売却後も建物の契約不適合責任が免責されることも、買取ならではのメリットといえるでしょう。

不動産買取のデメリット

買取にはメリットだけでなくデメリットもあります。
不動産買取では、買取後の再販に向けたリフォームなどの費用がかかるため、仲介での売却よりも売却価格が安くなるのがデメリットといえるでしょう。
価格は相場の7~8割となるケースが多いため、売却を急いでいない方や売りやすい物件の場合は仲介での売却を検討すると良いかも知れません。

弊社の会社概要・代表挨拶はこちら|会社概要


まとめ

不動産買取とは不動産会社が買主となって物件を買い取る方法です。
仲介での売却に比べ売却価格が安くなるデメリットはありますが、スピーディーに売却でき仲介手数料がかからないなどのメリットも多くあります。
不動産売却を検討している方は、ご自身の状況に合わせて売却方法を選択してみてはいかがでしょうか。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ