【必見】水路に面している土地は売却しづらい?売却方法や注意点をご紹介

水路に面している土地は売却しづらい?売却方法や注意点をご紹介

「水路に面している土地を売却したいけれど、売りにくいって本当?」と、疑問に思う方もいらっしゃるのではないでしょうか?
宅地として売却を検討している場合は、理解しておくべきポイントがいくつかあります。
本記事では、水路に面している土地のデメリットや売却方法、注意点について解説します。
状況に応じた、最善な売却方法を検討してください。

\お気軽にご相談ください!/

水路に面している土地を売却するデメリット

一般的な土地とは違い、水路に面している土地が売却しづらいと言われるのは、以下のデメリットがあるからです。

建築不可の可能性

住宅を建てる際は、幅員4m以上の建築基準法上の道路に、2m以上接しなければ建設許可が下りません。
これを「接道義務」と言います。
接道義務を満たさない土地は、既存住宅があろうがなかろうが住宅の建て替えができないため対策が必要です。

軟弱地盤で補強工事の必要性

水路が近いと地盤の軟弱性が懸念されます。
新たに住宅を建てる際、地盤強化のための補強工事が必要となり、相場より安値での売却を求められることになるでしょう。

浸水の可能性

水路が近いと大雨などの被害も受けやすくなります。
浸水がリスクとなり、買い手が現れづらいかもしれません。

弊社が選ばれている理由はスタッフにあります|スタッフ一覧

\お気軽にご相談ください!/

水路に面している土地の売却方法

水路に面している土地は、居住用とするかしないかによって売却方法が異なります。

居住用として売却

接道義務を満たさない土地を居住用として売却するのであれば、まずは市町村に水路の占用許可を取りましょう。
その後、水路上に橋を架ける方法で解決します。
買主に占用許可が引き継がれるか、建築制限が課せられていないかもあらかじめ確認しておきましょう。

居住用として売却しない

住宅を建築しない「土地」だけで売却する方法もあります。
小屋や駐車場などに活用方法が広がりますが、買主が限定されてしまうデメリットもあるでしょう。

弊社をご利用いただいたお客様からの嬉しいお声です|お客様の声

\お気軽にご相談ください!/

水路に面している土地を売却するときの注意点

水路に面している土地を売却する際には、以下の注意点があります。

費用の問題

橋を架けると、数十万円から数百万円と高額な費用がかかります。
宅地として売却できても、それまでの出費や売却価格によっては、損をする可能性もあります。
また、自治体によっては占用料が発生することもあるので、合わせて調べておきましょう。

告知義務がある

水路に面した土地は、売却時に「告知義務」が発生します。
これを怠ると、契約不適合責任を負い、契約解除や損害賠償の請求などのトラブルに見舞われることもあります。
また、容積率などの建築制限に関しても、書類の交付・説明を怠ると、契約不適合責任を負うことになるでしょう。

弊社の会社概要・代表挨拶はこちら|会社概要

まとめ

水路に面している土地は、そもそも建築不可である可能性や地盤にも問題があります。
そのため、宅地として売却する際は占用許可を取り、接道義務を果たさなくてはなりません。
土地によっても変わりますので、調べてから売却方法を考えましょう。
私たち「西宮市不動産売却ナビ」は、西宮市を中心に不動産の売却をおこなっております。
不動産売却でお困りの方はお気軽にご相談ください。


西宮市で不動産査定するなら西宮市不動産売却ナビ!


ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

0798-36-4689

営業時間
9:00~19:00
定休日
水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ